ナツメの英俊な独り言

犬だってさぼる

愛犬ピンキーちゃんは、とりあえず室内犬です。

気候が良くなってくると外出時は室外です。

家族の誰かが帰ってくると室外犬から室内犬に格上げされます。

室外では、郵便屋さんや農家のおっちゃん、宅配便の車に吠えます。

いい番犬です。

体はシーズーくらいしかないけど威嚇は半端ないです、かみつくぞ〜ってくらい怖くなります。

室内にいても、ピンポンに反応して吠えます。

しつけができていない状態なのですが。

家族の誰かが玄関を開ける音がするとお迎えに走って行きます。

しっぽを振って耳を垂らして一日の疲れが吹っ飛びます。

でも、興奮しすぎて後ろに回り込んでふくらはぎあたりを前足で押してきます。

毎回足をすくわれたような感じになってこけそうになります。

これが愛犬ピンキーちゃんのおかえりの儀式になっています。

家族みんなが自分の事を待ってくれている喜びを感じさせてくれる儀式です。

でも、最近寒さが増してきました。我が家でもこたつを出しています。

だいたい子供達が先に帰宅するのでこたつのスイッチがONになって首までもぐりこんでいるこたつむりに変身しています。

私が帰る時間はこたつも温もっていていい感じになっています。

そうです!愛犬ピンキーちゃんは、子供達と一緒にこたつむりに変身していてお迎えどころではありません。

犬は寒さに強いと聞きますが儀式を吹っ飛ばしていておさぼりしています。

こたつの中をのぞくと、「開けたら寒い」と不機嫌な顔でにらみつけられます。

仕事して帰ってきたのにな…と、少し寂しい気持ちになる飼い主です。

関連記事

Copyright (c) 2014 ナツメの英俊な独り言 All rights reserved.